top of page
  • 執筆者の写真BFG null

身体の中で一番『酸素の消費量』が多いのはどこでしょう?


身体の中で一番『酸素の消費量』が多いのはどこでしょう?

実は【脳】🧠です!

脳は人間の身体全体に対して重量が約2%しかありませんが、酸素の消費量は全身に対して約20〜25%と言われています 。脳は酸素をたくさん消費していますが、その酸素は脳に貯めておくことはできません。


常に新鮮な酸素が必要なのですが、

脳に酸素が不足すると何が起きるのでしょうか?

十分な量の酸素が供給されないと、脳は【酸素不足】になり、

頭痛

脳貧血

集中力や思考力の低下

記憶力の低下が起こります。

逆に脳に酸素が行きわたった状態の時には、【脳は活発に働く】ことができます。


高濃度の酸素を吸いながら英単語を覚えたグループと、普通の状態で英単語を覚えたグループでは、翌日のテストで高濃度酸素を吸ったグループの方が多くの単語を覚えていたという研究結果もあるそうです。


酸素カプセルに入ることで、脳への酸素供給も大量に行われることになり、酸素が十分に供給されると、脳は活発に働いているα波を出している状態で、集中力や、記憶力が高まると言われています。


高濃度酸素カプセルで溶解型酸素を取り入れて脳をスッキリ💡させませんか?




閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page