top of page
  • 執筆者の写真BFG null

自律神経を整える酸素カプセル!




気圧の変化は人間の体にどう影響しているのか?

気圧は、大気の状態や天気によって上下します。

そうすると、体の中から押し返す力をその都度コントロールしていく必要がありますが、人間はどこでその気圧の変化を感じ取っているかというと、内耳(ないじ)という耳の奥にある器官です。

内耳はセンサーのような役割をしており、脳の中枢にある自律神経に気圧の変化を伝えます。

内耳が気圧の変化を脳に伝えると?

自律神経には交感神経(興奮モード)と副交感神経(鎮静モード)があり、バランスを取って作用しています。

例えば、気圧が下がると体の外からの圧力が減り、血管が膨張します。

自律神経がきちんと機能していると、交感神経が働いてその分、血管を収縮させます。

気圧が上がっている時は逆で、副交感神経が働いて血管を膨張させます。

●血管などを調整する自律神経とは?

本来、仕事をしている時などは主に交感神経が働き、リラックスしている時などには主に副交感神経が働きますが、現代人はずっと緊張やストレスが強いられる生活をしている関係で、この交感神経と副交感神経の切り替えがうまくいかない人が増えています。

自律神経が乱れていると、様々な体の不調へとつながってしまうため、気圧の変化を事前に把握し、体調不良を未然に防ぐための予防や対策が大切です

そこで、

酸素カプセルは自律神経を整えながら、低気圧で膨張した血管を高気圧環境で正常にし、起こってしまった気象病による痛みや不調のケアに効果的です。

また低気圧前に利用する事により、気象病予防に効果的です!


インスタグラム


ホームページ


ライン@


閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page